お役立ち情報をつぶやきます。

羽田空港の駐車場を予約する裏ワザはあるの?予約なしでも大丈夫?

羽田空港 駐車場 予約 裏ワザ

年末年始、お盆、GWなどの混雑期に羽田空港に車で行きたいけど、駐車場の予約が取れなくて困っている方に、駐車場を予約するコツを伝授します!

飛行機の混雑が激しい時期には、羽田空港にある4つの駐車場も大変混雑します。

とはいえ、小さいお子様や年配のご両親と一緒に旅行に行く場合、できれば電車やバスではなくて、車で空港に向かいたいですよね。

羽田空港の駐車場は予約スペースが設けてあり、事前予約が可能なのですが、この予約が非常に取りにくい・・・

予約開始と同時にネットで予約しようとしても、すでに満車だった・・・
なんてことはよくあることだったりします。

イチかバチかで予約なし空港に向かったら、
入庫待ちの車がズラーっと、2時間〜5時間待ち・・・
駐車場の入口で乗るはずだった飛行機を見送ってしまった・・・

そんなことになったらシャレになりません(^^;

そこで、いくつか羽田空港の予約を取るコツがありますので、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

羽田空港の駐車場の予約は取れない?

羽田空港の駐車場は、混雑期は非常に予約が取りにくいです。
裏ワザと行っても確実に取れる保証はないのですが、予約を取るコツを伝授します。

今年のゴールデンウイークは5月1日〜6日まで旅行に行くと仮定しましょう。

車をこの期間駐車場に駐めたいけど、予約状況を確認すると、3日と5日〜6日がすでに満車だったとします。

そうすると、1日〜6日まで通しで予約はできません。

ここでまず、兎にも角にも取れる日にちだけとにかく予約を入れます。

この場合は1〜2日と4日ですね。

これを、P2、P3駐車場とP4駐車場、ターミナルまではバス移動になりますが、国際線駐車場も視野に入れて、とにかく取れる日にちは予約を入れてしまいます。

羽田空港の駐車場の予約はキャンセルしてもキャンセル料はかかりません。
当日キャンセルも可能で、しかも当日でもキャンセル料はかからないので、とにかく1日でも空いてたら予約を入れておきましょう。

実は、空港駐車場の予約は変動が非常に激しいです。

ですので諦めずに、
毎日こまめに空き情報をチェックして、空きがでたら予約を入れていきます。

登録車両1台につき3件まで予約が可能です。
予約変更は2回まで可能です。
また、1日のみの予約も可能ですので、こまめなチェックで空きを見つけたら、
予約変更なり、2件目の予約なりと上手に使って、予約日を増やしていって下さい。

結局、当日まで通しで空きがなくて、駐車できなくても当日にきちんとキャンセルの電話をすれば問題ないので、当日ギリギリまで空き情報を確認してみましょう。

ちなみに、予約画面からも空き情報は確認できますよ。

羽田空港にある予約ができる駐車場についての詳細も知りたい方は、こちらの記事をお読み下さい。
⇒ 羽田空港の駐車場は混雑期は予約が必要?予約の方法や料金も知りたい!

羽田空港の駐車場の予約は民間駐車場にも入れておきましょう。

次に、保険として、羽田空港にある周辺駐車場もたくさんありますので、予約状況を調べて予約を入れておきましょう。

周辺駐車場も混雑期は、なかなか予約が取れませんので、とにかくまずは予約をできる駐車場を探しましょう。

このとき、まずはキャンセルしてもキャンセル料が発生しない駐車場から空きを探します。

にこにこパーキング、つばさパーキングなどはキャンセル料は発生しません。

他にもキャンセル料がかからない駐車場があると思いますので、まずは、繁忙期で空港の駐車場より駐車料金が高くなってしまっても、予約を取って駐車場を確実に確保しておきましょう。

とにかく、繁忙期の空港周辺駐車場も大変混雑して予約が取りにくくなります。
多少駐車料が高くても確実に駐車場を確保しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

早朝に空港に向かえば、予約なしでも入庫できる可能性はあります。

当日は、フライト時間に関わらずできるだけ早く空港に向かいましょう。
飛行機の繁忙期は高速道路も混雑します。

羽田空港では時間を潰せるところはいろいろありますので、
早め早めの行動が吉ですよ(^^;

早朝に駐車場に着ければ、予約なしで一般駐車場に入れる可能性もあります。

もし無事に入れたら、全ての予約をきちんとキャンセルしましょうね。
それは礼儀ですし、他に駐車場が無くて困っている方のためにも連絡だけはきっちり入れておきましょう。

東京シティエアターミナルの駐車場を利用するという方法もあります

箱崎ジャンクションにある東京シティエアターミナル(T-CAT)には駐車場もあるのをご存知ですか?

東京シティエアターミナルに車を駐めて、リムジンバスで羽田空港に向かうという方法もあるんです。

確かに、駐車場からバスに1回乗り換えなければなりませんが、ターミナル内での移動はそんなに大変ではありません。
モノレールで空港に向かうよりは遥かに楽です。

アクセスも首都高から直接入場できるので、非常に便利です。

このターミナルを使って羽田空港や成田空港に出発する方限定に「カーポート」プランが用意されていて、
このプランだと7日間連泊で7200円の駐車料金で駐車が可能です。
7日以降は1日1000円の追加料金で、最大14日まで駐車可能です。

車を無事に駐めてしまえば、あとはバスに乗って空港まで25分で着きます。
1時間に1〜2本の間隔で運行しています。
ターミナル内にはカフェ・ド・クリエがありますので、乗り換えに空き時間があったらお茶でも如何ですか?

羽田空港周辺の民間駐車場を利用するより、こちらの駐車場に空きがあれば、さっさと車を駐めてリムジンバスで空港に向かう方が楽だと思います。

東京シティエアターミナルの駐車場の満空情報は、公式サイトから随時チェックできます。

最後に・・・

羽田空港の駐車場の予約を取るコツといっても「確実」にとれる訳ではありません。
そこは自己責任でお願いします(^^;

駐車場の予約は予約開始と同時にログインしても「満車」のことはよくあります。
ただ変動も激しいので、こまめにチェックが必要です。

予約のキャンセル料はかからないので、駐めたい日程の中で空きの日にちがあったら取り敢えず、予約して抑えておきましょう。あとはこまめにチェックしながら、空きが出ないか確認して空きがありしだい確保していきましょう。

念のため、キャンセル料のかからない羽田周辺の民間駐車場の予約も確保しておきましょう。

当日、早朝に羽田空港に着けば、一般駐車場に駐められる可能性もあります。
また、繁忙期でも少しピークから日程がずれていれば、一般駐車場が空いている可能性はあります。
早め早めに行動して、もし空いていれば一般駐車場に入れてしまいましょう。

もし、一般駐車場に駐められたら、確保していた予約は全部きちんとキャンセルの連絡を入れましょう。

東京シティエアターミナルの駐車場に空きがあれば、こちらを利用してリムジンバスで空港にアクセスするのもオススメです。

以上、参考にしてみてください(^^;

【関連記事】
⇒ 羽田空港の駐車場は混雑期は予約が必要?予約の方法や料金も知りたい!

スポンサーリンク

関連記事