お役立ち情報をつぶやきます。

河津桜の見ごろはいつがいいの。アクセスは何がおすすめ?

河津桜見ごろ

一足早い桜の名所といえば、伊豆にある『河津桜』が有名です。
わたしも一度、東京から日帰りで遊びに行ったことがありますが、電車で気軽に日帰りできる距離ですし、お祭りも賑やかで楽しいです。

そしてなにより・・・・
河津桜は、ソメイヨシノと違って濃いピンクがとてもきれいな桜で、花に勢いもありとても綺麗です。

2015年の河津桜まつりは、2月10日〜3月10日の1ヶ月間です。

ぜひ、足を運んでみてください。
一足早いお花見にオススメですよ♪

スポンサーリンク

河津桜の見ごろはいつ?

河津桜は、2月上旬くらいから咲き始め、3月上旬ぐらいまで楽しめます。
見頃は6〜8分咲きのころになりますが、だいたい2月中旬〜下旬くらいになるかと思います。

河津桜は、ソメイヨシノよりは花持ちが良いですが、やはりその年の天候でいろいろ変わってきますので、

「河津桜まつり実行委員会公式HP」や、
有志の方?地元の方?が開設している「伊豆河津桜まつり情報局」などのサイトで、
開花情報がちくいち報告されますので、ネットで情報を確認しましょう。

河津桜のアクセスは何がおすすめ?

東京方面からですと、日帰りで充分楽しめる河津桜のお花見ですが、
アクセスのオススメは電車です。

個人的に「伊豆の道路は渋滞する」という印象が強いですが、
河津桜のピーク時のしかも土日は、周辺道路がとにかく渋滞して車が動きません!
気軽に日帰りでお花見を楽しみたかったら、電車でのアクセスをオススメします!

行き方は、JR熱海駅から伊豆急行下田方面行きに乗り換えて、河津駅で下車します。
河津桜まつりの期間中は、伊豆急行が臨時列車を出してくれますので要チェックですよ。

★河津桜まつりの詳細な地図や周辺情報はこちら ⇒【楽天たびノート】

スポンサーリンク

河津桜の上手な観光の仕方を教えて!

伊豆急行の河津駅から、桜まつりの会場になる河津川の側道までは歩いて10分くらいです。

4歳児のムスメを連れて、家族でお花見に行った時は、
朝早めに着く電車に乗って、8時か9時頃に着くくらいの電車に乗りました。

河津川沿岸沿いの遊歩道を上流に向かってゆっくり歩いて、
河原でちょっと石投げしたり、屋台でちょこちょこ食べたり〜

適当なところで、河津桜原木の方に向かって歩き、原木の桜も堪能した後、
来宮神社でお参りして、また川沿いの遊歩道に戻って、今度は海まで散策して、

海でもちょっと遊んで〜

って感じで1日楽しんで、16時台の電車に乗って帰りました。
楽しかったです♪

車があまりに渋滞してたので「電車で良かった」と思った記憶があります。

お花がピークの時には、人手も多いです。
川沿いの遊歩道は行き交う人びとでいっぱいになりますよ。

車でどうしても行きたいときは、1泊宿泊して温泉も楽しみながら、
ゆっくり河津桜を堪能するのもいいですね(^^)

★河津桜まつり周辺のホテルクチコミはこちらから
 ⇒【楽天たびノート】

最後に

河津桜の見頃は、2月上旬〜3月上旬です。

6〜8分咲きくらいが花にも勢いがあって美しいです。

河津桜まつり実行委員会公式HPなどで、開花状況が載ってますので、確認してみて下さい。

アクセスのおすすめは電車です。

河津桜がピークの土日は、とにかく車が渋滞して動きません!

河津桜まつりのときは、伊豆急行も臨時列車を運行しますので、電車でのアクセスをオススメします。

JR熱海駅で伊豆急行下田行きに乗り換えて、河津駅で下車します。

河津川沿いの桜の並木道までは、河津駅から徒歩10分くらいです。

河津桜はとても勢いがあって、ソメイヨシノとはまた違う美しさを楽しめる桜です。

東京方面からでしたら、日帰りの旅が気軽に楽しめるのでおすすめです。

ぜひ、ぷらっと日帰り電車の旅をお楽しみ下さい♪

スポンサーリンク

関連記事