お役立ち情報をつぶやきます。

教育パワーシューズの口コミは?子どもが実際に使ってみました。

教育パワーシューズ 口コミ

小学校に入学するこどもの足の健康を考えて、上履きに健康パワーシューズを選びました。
ムスメが実際に使ってみての感想を母の目線で書いてみたいと思います。

【関連記事】
こどもの上靴でおすすめは何?足にいい上履きの条件とは?
教育シューズを1年使ってみた感想はコチラ

スポンサーリンク

教育パワーシューズの口コミというか実際にムスメに履かせてみた感想です

子どもの足にいい上履きの条件をもう一度おさらいしてみましょう♪

・つま先部分が広く大きく足指を自由に動かせるゆとりがある。
・かかとと甲部分(履き口)に安定感がある。
・つま先から1/3の辺り(足ゆびの付け根あたり)が曲がりやすい構造になっている。
・サイズをきちんと合わせる。

などが、足に良い上履きの条件でした。

そこで、今回ムスメには教育パワーシューズを購入しましたが、実際に参観日などで、他のお子さんが履いている普通の上履きを観察してみるとつま先の部分が狭いんです。

普通の上履きって、自分が思っていた以上に作りが細めなんですね。
確かに普通の上履きだと、幅広のお子さんの足だと外反母趾や内反小趾になりやすいかもしれないなと思いました。

ムスメが履いている「健康パワーシューズ」と、他の子どもが履いている普通の上履きを見比べてみると、パワーシューズのつま先は広くゆったりしているのがよ〜くわかります。

パワーシューズの中では足の指が裸足のときのように自由に動きそうです。
履き口もマジックテープで固定するので、その子のサイズに合わせて踵と甲の部分をしっかり固定してくれていますので、履き心地もとても良さそうでした。

「ああ、ちゃんと子どもの足の健康を考えている上履きを買ってあげてよかったな♪」と母的には満足するものでしたよ♪

下の写真は3ヶ月使った頃の中敷きの写真です。
足の指の後がついています。(ちょっと汚くてすみません・・・)
指先は窮屈そうな感じはしませんね。
教育パワーシューズ 口コミ

ちなみに、余談ですが・・・
教育パワーシューズと、教育フレッシュ21との違いは、中敷き(インソール)が「普通の中敷き」か、「立体的な中敷き」かの差だけだそうですよ(^^;

教育フレッシュ21は色が白しかないので、カラフルな上履きが欲しい方は、教育パワーシューズの方を買って洗い替えに共用インソールを購入するといいのではないでしょうか♪


教育パワーシューズシリーズ共用インソール◆【メール便対応可】

教育パワーシューズのバレータイプはどうなの?

ムスメは健康パワーシューズの水色を購入したのですが、
入学式の日に新一年生の上靴を観察してみると、ほぼ99%がバレーシューズタイプのいわゆるフツーの上履きを履いておりまして・・・(^^;

教育パワーシューズのように足の甲を包み込むようなタイプの上履きを履いていたのはムスメひとりのようでした・・・

今のところ、ムスメは人と多少違ってもまったく気にしない気性なので、「なぜ自分だけ上靴の形が違うの?」とは言ってこなかったので良かったです(^^;

もしも、お子さんが周りの子どもと違うことを嫌がるようなタイプでしたら、教育バレーDXという商品もありますので、こちらが良いかと思います。

ただし・・・・
教育バレーDXは、足型は教育パワーシューズと同じらしいのですが、履き口がゴムで固定されている分、履き口の調整が効きません。
そのため、甲が高いお子さんはちょっと窮屈かもしれません。

その場合は、イフミーのバレーシューズタイプもオススメです。
こちらの商品はマジックテープで脱着ができるため、甲が高いお子さんが無理なく履くことができます。


【送料無料】大人気のイフミー上靴!今ならインソール(中敷き)を無料進呈キャンペーン中♪

教育パワーシューズのサイズ選びの方法を教えて!

さて、この教育パワーシューズですが、近所の靴屋に売っていれば試し履きできるところですが、実店舗の取扱店を探すよりも、ネットで探したほうが手軽に見つかることになると思います。

でもネット通販だと、正しいサイズの選び方がわからないですよね・・・

でも大丈夫です!
こちらのリンク先の商品説明の下の方に、ご家庭でのサイズの測り方が載ってます。ぜひ、参考にしてみてください。
教育パワーシューズ 2足購入で送料無料♪

わたしも、こちらを参考にムスメの足の実測を測ってから購入しました。
ムスメは実測が17.5cm程だったので、「実測+0.5cm」の18cmを購入しましたが、上の中敷きの写真をみるとジャストサイズといったところだと思います。

スポンサーリンク

最後に・・・・

教育パワーシューズは、確かにふつうの一般的な上履きと比べるとつま先の幅が広くゆったりしており、足の指を自由に動かせるようなゆとりがあります。
見ていて、足を包んでくれているような安心感がありますよ。

母としては、1足目はこの上履きを選んで良かったなと思っております。
サイズアウトしたら違うメーカーの上履きも試してみようかなと思ってますので、その時にはまたレポートしたいと思います。

ネット通販で買うときは、紙に実測を測ってから「実測+0.5cm」のサイズを選ぶといいです。
足の実測を自宅で測る詳しい方法はコチラのリンク先の下〜の方に載ってます
教育パワーシューズの詳しい説明はコチラ

バレーシューズタイプが欲しい場合は、甲高のお子さんには足の甲の調節ができるイフミーの上靴の方がよいかもしれません。

別売りのインソール(中敷き)もあります。
別売りの中敷きは立体になっているので、更に足にフィットする構造になっているようです。

【関連記事】
 ⇒ 教育パワーシューズを1年間使ってみた感想はコチラ
 ⇒ こどもの上靴でおすすめは何?足にいい上履きの条件とは?
 ⇒ キッズサンダルは足に良くない?草履で子供の健康をつくる秘訣は?

スポンサーリンク

関連記事