お役立ち情報をつぶやきます。

瓶のラベルの上手な剥がし方は。日本酒のラベルをコレクションする方法

瓶ラベル剥がし方

日本酒のラベルや、ワインのラベルをコレクションしたいから、瓶のラベルを上手に剥がす方法を教えて欲しい!
そんな方に、上手に瓶のラベルを剥がす方法を伝授致します(^^)

スポンサーリンク

オーソドックスにお湯につける

日本酒のラベルをきれいに剥がすには、

まずラベル部分を水につけてみましょう。

水につけて、すぐに無理やり剥ごうとしないで、丸1日〜2日くらいつける覚悟で、ゆっくり剥がしてみてください。

日本酒の場合はこれでだいたい剥がれます。

それでもはがれない時は、お湯に漬けてみてくださいね。

お湯の場合も剥がれない時は2日くらいつけてみて下さい。

気長にはがすのがポイントです。

お風呂の湯船につけておくのもいいですよ。

シールはがしでゆっくりはがす。

東急ハンズや文房具店などにいくと、シールはがしのスプレーが売っています。

わたしはあまり百均を利用しないので詳しくないですが、もしかしたら百均でも売っているかもしれません。

このシールはがしのスプレーで、はがす方法もあります。

使い方のコツは、まずはラベルのはじっこにスプレーをかけてみます。

特に変色とかなければ、ラベルの端の方からスプレーを多めにかけていきます。

スプレーの中身は糊をはがす溶剤が入っていますので、結構たっぷりかけて溶かしながら剥がします。

べっちょりと濡れた感じになっても、溶剤は揮発性なので、乾いてしまえば見た目は元通りになります。

この方法は、

例えば切手などの小さいものだと、あまり手間なくはがせますが、

一升瓶のラベルとかだと、モノによっては結構大変かもしれません(^^;

スポンサーリンク

ワインのラベルコレクターを使う。

日本酒の場合は、水かお湯につけておけば、ほぼ成功するのですが、

ワインの場合は、そうもいかない時があります。

お湯につけても、シールはがしを使っても剥がれないラベルは、

ワイン用のラベルコレクターが市販されているので、それを使うときれいにはがせます。

もちろん、日本酒のラベルで使ってもOKです!

きれいにコレクションできるので、大事に綴っておきたい方には非常にオススメです。

この「ワインラベル保存シート」は、実際に使ってみると、

瓶から接着面も含めて全部はがす訳ではなく、

粘着シートをラベルに貼って、ラベルの表層面だけ剥がすという感じになります。

こんな感じです。

⇒ ワインのラベルが簡単に剥がせるヒット商品「ワインラベル保存シート(ラベルレコーダー)」

こちらも東急ハンズや楽天市場などのネット通販、大型ワインショップなどでも取り扱ってます。

日本酒の場合、4号瓶はワインのラベルコレクターでOKですが、

一升瓶の場合は、マグナムボトル用のラベルキーパーが丁度いいです(^^)

*まとめ*

簡単に剥がせるものと、剥がせないものはありますが・・・

1.お湯につけておくと剥がれる。

2.東急ハンズなどに、シールはがしが売っているので、それを使ってゆっくり剥がす。

3、ワインのラベルレコーダーを使う。

コレクション目的の保存なら、3番のラベルレコーダーがやっぱりオススメです。

ぜひ一度お試しあれ(*^^*)

スポンサーリンク

関連記事