お役立ち情報をつぶやきます。

飛行機が台風で欠航するかもどんな手続きをすればいいの?キャンセル料は取られるの?

台風 欠航 手続き

楽しい夏休み!家族で石垣島に旅行に来ました!
ところが・・・・
台風が接近して、帰りの飛行機が欠航するかも!( ̄□ ̄;)!!

台風シーズンの飛行機での旅行にはそんなリスクも伴います。
台風で欠航した、もしくは欠航しそうなときにどういった手続きをすればいいのかを紐解いてみたいと思います。

スポンサーリンク

飛行機が台風で欠航したらどんな手続きを取ればいいの?

飛行機の搭乗予定日なのに、台風がやってきた!

これはちょっと飛ばないかな・・・と予測される程、風雨が強くなってきた。
もしくは、欠航が決まってしまった!

というような場合、どういう行動をとるといいのか紐解いてみます(^^)

★まずは、振替したい航空便の予約をとってしまう。

翌日の振替便には、もともとのお客さん+振替にお客さんで相当混雑しますから、シーズンによっては空きがなくなってしまうということも考えられます。

欠航した日の翌日は、もともとの予約客と欠航便の振替のお客で、席の奪い合いになると予想されます。

今日は欠航になっても次の日には絶対帰りたい!というような場合は、
欠航かどうか怪しい時点で、ネットから事前に代替えで乗りたい便を「普通運賃」で予約をして、座席を確保しておきましょう。

ここで注意点ですが、決して「決済」してはダメですよ!
あくまで予約だけです。

それというのも普通運賃は予約変更可能だからです。

普通運賃で予約だけしている状態なら、搭乗日当時まで予約が確定しますし、当日に予約キャンセルしても、キャンセル料は特に発生しませんから大丈夫ですが、決済してしまうと実際には欠航にならなかったときなどに、キャンセル料が発生してしまいます!

ですのでネットやスマホを使って、(たぶん電話はかかりにくいはずです)普通運賃で予約をしてとにかく「座席」を確保してしまいましょう。

絶対に、決済しないように注意しましょう♪

★座席を確保したら、空港の航空会社のカウンターに行きましょう。

実際に欠航が決まったら、カウンターで
「欠航したので振り替えて欲しい、振替便の予約はしてあります。」と言って、予約した便名と予約番号を定時して交渉しましょう。

電話で対応できればいいですが、こういう状況の時にまず電話はつながりません。
電話にトライしてみてつながらなければ、たとえ空港が遠くても空港のカウンターまで行かないとしょうがないです。

スポンサーリンク

台風での欠航でもキャンセル料とか取られるの?

台風による欠航が決まった時は、かなり柔軟に対応してもらえます。
先にも書きましたが、まずは空港のカウンターで交渉しましょう。

例えば、石垣〜那覇便が欠航した場合、那覇〜羽田便などの乗り継ぎ便も欠航による振替扱いにしてもらえます。
自分が購入したときに格安運賃で購入したチケットであったとしても、特に追加料金とかは発生しないはずです。

振替便が翌日になった場合に宿泊代が出るかどうかは、会社側都合か不可抗力かで違ってきます。

会社側の都合とは、機材故障やシステム障害など航空会社側のトラブルで欠航になった場合を指します。
この場合は、宿泊費の保証もしくは補助があります。

がしかし、台風や大雪などの悪天候が理由の欠航では、基本的に航空会社側からの補助はないと思ったほうがよいです。
まあ、ダメ元でカウンターで交渉してみてもいいと思いますが、たとえ断られても逆ギレしないようにしましょうね(^^;

混雑している空港に行くのが面倒くさい。放っておいたら航空券はどうなるの?

欠航するかどうかはっきりしないときは、自己判断で「どうせ欠航だろう」と何もしないまま放置するのが絶対にNGです。

以前、飛行場の割りと近くに住んでいたことがあるのですが、「あれ?台風が近づいているって言ってたけど、飛行機飛んでるな〜。」なんてことはよくありました。

もし、乗るはずの飛行機が欠航せずに飛んだ場合、そのチケットは「自己都合によるキャンセル」となり、飛行機代は一切帰ってきません。逆にキャンセル料を徴収されるかもしれません。

悪天候により欠航してしまったら、振替便に予約し直すことも可能ですし、航空券の有効期間内に払い戻しをすることも可能です。

ちなみに、航空券の払戻有効期間とは、予約した航空券の搭乗日+10日間以内が有効期間になります。

JALホームページでは、JMB会員の方は、出発予定日(最終区間)の翌日まで、一般の方は、出発予定日(最終区間)の翌日から起算して3日以内の払い戻しを承ります。この期間を過ぎた場合、航空券の有効期間内であれば、JAL国内線ご予約・ご購入・ご案内にて承ります。

予約便を取り消しのうえ、航空券の有効期間内に払い戻しのお手続きをしてください。

JALとANAに市内カウンターはあるの?

空港まで遠いし、電話もつながらない。
JALやANAのカウンターがある営業所は都内や市内に無いのでしょうか?

JALの場合

東京都内なら有楽町の駅のすぐ側にJALの支店があります。
ここは、国内線、国際線とも発券をしてくれますので、空港よりも有楽町の方が近い方こちらを利用されると便利かと思います。

その他、JALの支店カウンターは石垣島と宮古島の2つのみです。
国内の他の都市には支店はありませんから、空港の混雑ぶりは想像に難くないですが、行くほか仕方がありません(^^;

ANAの場合

ANAの市内カウンターは、昔は各都市に一箇所くらいありましたけど、(ちなみに宮崎は今のボンベルタの別館にあったのを覚えています。)
2013年3月29日に東京汐留にあった「ANA SQUARE」が営業を終了したあとは、このような発券をしてくれる支店はすべて閉鎖されており増す(2015年現在)

航空券のご購入・変更・払い戻し等は、電話で「ANA国内線、国際線予約・案内センター」に問い合わせるか、「ANAホームページ」で行うか、国内線各空港カウンターに行くしか方法が無さそうです。

なので、混雑覚悟で空港に向かうしかないですね・・・

まとめ

・欠航になりそうな状態。もしくは、欠航が決まってしまった時は、ネットで次の日の代替便の座席を「普通運賃」で予約して確保しましょう。
・このとき、決して決済しないように。予約だけに留めておきます。

・欠航が決まったときは、当日は電話はつながらないと思うので、面倒でも空港のカウンターに行って交渉しましょう。
その際に、翌日の◯◯◯便の予約をとっている事を告げ、予約番号も伝えれば振替の手続きをしてくれます。

・搭乗日当日に欠航するかどうかまだ様子がわからないときは、自己判断せずに、必ず空港のカウンターか市内カウンターに足を運びましょう。欠航するだろうと自己判断で空港に行かなくて、実際には無事フライトがした場合、自己都合キャンセル扱いになり、航空券はタダの紙屑となってしまいますよ〜。

・ANAは市内カウンターは今はありません。JALは有楽町と石垣島と宮古島の3ヶ所のみ市内カウンターがあります。

スポンサーリンク

関連記事