お役立ち情報をつぶやきます。

効率的にマイルを貯めるためには。クレジットカードは必須です。

マイル貯め方カード

マイレージプログラムとは、航空会社が提供しているポイント制度です。
飛行機に乗ると飛行距離と同じだけのマイルが貰えます。
規定のマイルを貯めれば無料往復航空券と交換することが可能で、タダで飛行機に乗ることができる素敵なシステムです ( ̄ー ̄)ニヤリッ

飛行機に搭乗すればマイルが貰えるのはもちろん、提携店での食事やショッピングの利用でも貯めることができます。
もちろん航空会社のクレジットカードや提携しているカードの利用でもマイルが貯まります。

このマイレージプログラムは航空会社ごとに規定があり、マイルの加算方法は航空会社によって異なります。
日系の航空会社であれば、最低10,000マイルから何かしらの特典と交換することができます。

日本で貯めやすいマイルといえば・・・・
JAL、ANA、ユナイテッド航空、ノースウエスト航空(デルタ航空)あたりが代表的です。
ポイントを貯めるだけで、タダで飛行機に乗れてしまう! これを利用しない手はありません(^^)v

スポンサーリンク

効率的にマイルを貯めるためには?

効率的にマイルを貯めるためには、どこかメインの航空会社を決めてコツコツと貯めていく必要があります。

マイレージを貯めるなら、 JAL、ANA、ユナイテッド航空、ノースウエスト航空あたりが貯めやすいです。

日本の航空会社と海外の航空会社の大きな違いは有効期限の有無。

JALとANAは有効期限が3年間。
ユナイテッドとノースウエストは、条件付ですが有効期限ナシで貯められます。

 ★日系の航空会社

日系の航空会社は3年間で最低10,000マイル以上貯めれば、何かしら交換できます。

逆にいうと3年間で最低10,000マイルを貯められなければ、どうにもならないのでがんばってクリアしましょう v( ̄∇ ̄)v

有効期限は3年ですが、日系の航空会社の場合は、キャンペーンや提携店、ポイントサイトなどが多いので貯めやすいと思います。

 ★海外の航空会社

海外の航空会社は実質有効期限ナシなので、ゆっくりじっくり貯めることができます。

たとえば子育て中で、今は海外旅行に行けないけど、この期間にガッツリ貯めて子供が大きくなったらバ~ンと海外へ家族旅行!なんていうのもアリですよね。

さてさて、ではどの航空会社を選べばいいか・・・・

有効期限のあるANA、JALか
それとも期限のないユナイテッド、ノースウエスト(デルタ)か
悩ましいところです。

いろいろ考えて・・・
わたしは3年の期限があっても日系の航空会社で貯める事にしました。

★理由その1
WAON、エディ、suica、など電子マネーの利用でどんどん貯められる。

★理由その2
楽天ポイントやTポイント、ローソンポイントなどがマイルと交換できる。

★理由その3
特約店や提携店、およびキャンペーンが豊富で貯めやすい。

★理由その4
ポイントサイトやアンケートサイトで貯めたポイントをマイルと交換できる。

★理由その5
3年間でとにかく10,000マイル貯めれば、「おともでマイル割」か「いっしょにマイル割」で国内旅行ができる。

★理由その6
なんとなく、日本の航空会社の方がとっつき易い(^^;
有効期限が(条件付きですが)無期限のユナイテッドやノースウエストも確かに魅力的なんですが、なんとなくとっつき難くて・・・

ということで、日系の航空会社に決定!

さて、それではANAとJAL貯めるならどっちがいいのでしょう?

【関連記事】
 ⇒マイルを貯めて旅行に行ってみたい!JALとANA貯めるならどっち?

スポンサーリンク

クレジットカードがないと始まらない。

ところで、マイレージというものは、フライトマイルだけでは全然貯まりません。

なんせ、羽田-沖縄間の正規料金で片道約984マイル。
往復1968マイルとして、10,000マイル貯めようと思ったら3年間で5回沖縄に旅行に行かないと行けません(^^;

実際には正規料金で旅行に行くなんてあまりないと思います。

先得きっぷや旅割きっぷなどの格安きっぷでは75%しか貯まりませんから(沖縄はの場合738マイル)、出張族のビジネスマンで経費でバンバン飛行機にでも乗らない限り、かなり難しいものがあります。

ただし、海外旅行に行くと1回の旅行でも結構貯まります。
2009年のGWに我が家はタイ航空の格安航空券を使ってインド旅行に行きましたが、そのとき一人約5400マイルをGETしました

とはいえ。。。

毎年海外旅行する方ならまだしも、たまにしか行かないとなるとやっぱりなかなか貯まりません(T_T)

そこで登場するのが「クレジットカード」

クレジットカードをガンガン使ってポイントを貯め、マイルと交換することでマイルを効率的にためることができます。

電子マネーの駆使は必須

マイルを貯める時に強力な味方になってくれるのが「電子マネー」です。

suica、Edy、WAON,nanaco あたりが使い勝手が良い電子マネーではないでしょうか?

この電子マネー、なぜ強力な味方になるのかと言うと、
クレジットカードから電子マネーとしてチャージすると、チャージした分もポイントが付きます。

ということは・・・・

クレジットカードからチャージすることで、ポイント分をまずマイルに交換できます。(カードによってはチャージは出来てもポイントがつかないものもあります。)

少額決済でもカードの間接利用ができるのも便利ですよね!

電子マネーは小銭いらずで、カードを読み取り機にかざすだけで支払い完了!とっても便利です(^^)

<更に!
EdyとWAONは、使うことで+αのマイルも付きますから更にお得です。

Suicaは、Suicaポイントがつくお店で買い物すると+αのポイントがつきますが、Edyのように支払えば必ず200円=1マイルが付く訳ではないです。

ちなみに電子マネーで支払いするときは、かざす前にきちんと支払い金額を確認しましょうね。

どの種類の電子マネーも、意外と気づかずに過払いや誤払いがあるそうなのできちんと確認して自己防衛しましょう(^^)

※まとめ※

出張族のビジネスマン出ない限り・・・

効率的にマイルを貯めるには、

何はなくとも、「クレジットカード」と「電子マネー」の駆使が必須です♪

スポンサーリンク

関連記事